江東区亀戸にある補聴器専門店 まずはレンタルから試してはいかがですか 各種メーカー取扱

まごころ日記

スタッフの日常を綴っています

スタッフの日常を綴っています

疲れないフィッティングって!?

ここのところの眼精疲労…信頼している検眼医の先生に相談、検査してもらったら、やっぱり進んでいた老眼…よく見えすぎるメガネから、遠くは見えないけれど、室内・手元・パソコンなどには充分な程度の度に合わせたものを使ってみること、3週間。外では人の顔が見えずちょっと困ることもあるけど、疲労感はなくなった…
先生のひと言。「大切なのは、自分が納得して使うこと」
それって…補聴器のフィッティングでも同じだ。「もっとコトバをはっきり」のご要望に、つい明瞭度重視のフィッティングを…でも、年代によっては「疲れ」を感じる方がある。聞こえすぎって、つまり補聴器クレームのトップをねらう「雑音」を入れ過ぎることになる。必要な音と、できれば聞きたくない不必要な音、ある時は必要だけどある時は不必要な音、それらの区別はやはり脳のなせる技。それを明瞭度重視のフィッティングで補聴器の機能だけに任せれば、年代や体力、体質、精神力、時に性格によっても、疲労度が増すだろう。
その人その人に合わせたコンサルティングとフィッティング、それをご本人が納得できるまでの丁寧な説明、これが大切なんだ。
今さら、だけど、これからも…

メガネ

2016/08/22
by okada

ステキなイヤモールド完成しました!

お客様からカラーのご指定で、グリーンのイヤモールドが完成しました。
とてもきれいな色でした。
最近は補聴器の性能もぐんぐん改良されています。
中でも「ハウリング抑制」について目覚ましい技術躍進を遂げていると感じます。写真のイヤモールドのような小さい形でも、ハウリングのリスクが軽減し、装用される方の負担も小さくなりました。

イヤモールド

2016/08/10
by okada

「いきたひ」を観ました

長谷川ひろ子監督。
「人生の終い方」を考える…ドキュメンタリー映画「生死(いきたひ)」を観ました。死というものは、「生の達成」「大切な人に繋げるいのち」「エネルギーの放出」「生き様と死に様を伝えること」
こわいもの、不吉なもの、ではない。
「看取り」を通し、最後に大切な家族との心とエネルギーが交わる。
父を送った日から、「死」というものが、私には身近であり、見つめていきたいものに変わった…この映画には、そう感じた理由が詰まっていました。

いきたひ

2016/07/23
by okada

出会いとご縁に感謝です

昨日のお客様は、10年来のおつきあい女性Oさん。そして、ある有名企業の創業会長であられるHさん。偶然ご一緒になりお話盛り上がり・・・共通の話題は「補聴器がなければ人と話もできず、取り残されてしまう。補聴器があって良かった」今年85歳になるOさんは、友達5、6人と居酒屋へ行くのが楽しみとのこと、それも「補聴器があるおかげ」・・・何とも嬉しいお言葉です。

大塚さんと堀切さん

2016/07/06
by okada

saikai・・・5年ぶり。

長野松本から、以前アメリカのコンベンションツアーでご一緒した「ノセ.メガネ」さんの認定補聴器技能者Kさんが、プライベートのご旅行中に、当店を訪ねて下さいました。5年ぶり、忘れないでいてくれて、とっても嬉しかったです。
ノセメガネさんは、80年の歴史がある老舗さん。地域密着型で、地元のお客様に絶大な信頼があるお店です。補聴器業界の地域性、補聴器愛用者の方々の想い、などが話題に。とても参考になるお話でした。
仲睦まじいご夫婦のお姿にも癒されました。
ご縁に感謝・・・。

koideさん

2016/07/02
by okada

補聴効果の確認・・・大事です

補聴器をつけて「聞こえる」効果を測ることの大切さを今さらながら痛感。ある30代の女性のお客様。自分なりに合わせたボリュームで、「聞こえている」と思っていたと…周囲の人に「最近聞こえていないよ」と指摘され、ご来店。そこで補聴器装用前と装用後で、コトバの聞き取り具合を測定したところ、ご自分で合わせたボリュームでは、ほとんど聞こえていなかった!周囲の人に指摘される前に、私が的確にアドバイスするべきだった…申し訳ないことをしました。そのお客様、今日、再就職の面接とのこと。「聞こえている」って自信をもって、頑張って欲しいな…受かりますように。
この缶ジュース「オランジーナ贅沢ビターオレンジ」苦みが美味しくてハマりそうです💕(自販機限定だって!)

ほちょう効果

 

2016/06/11
by okada

紫陽花が色づきはじめました・・・

一昨日のお店の前の紫陽花。
マンションの管理人さんが、丁寧にお世話しています。
ひと雨ごとに、濃く色づいてきました。
雨の日のスカイツリーは、どこか恥ずかしげに小さく隠れてしまいます。
こんな雨の日も、好きです。

今日は、海外勤務をされているIさんが3年ぶりにお越しになり、嬉しくなりました。
「ホームページは時々見ているよ!」と。嬉し~い!
ありがとうございます。

あじさい

2016/05/31
by okada

「のもの」さん

本日のおみやげ^^秋葉原の「のもの」さんにて。

旬のもの、地のもの、縁のもの、「のもの」さん。

ビールと宮城女川町の高政さんの「ぷちあげ・たまねぎ」最高!

岩泉ヨーグルトはかなりの人気らしい。

栃木のレモン牛乳、一度飲んでみたかった❣

ののじ

2016/05/20
by okada

補聴器販売店協会講習会

日本補聴器販売店協会・関東支部主催セミナー参加。
今日はブックオフの取締役、時給600円のパートから上場企業のトップになった…ことで有名な橋本真由美さんのお話「誰にも負けない努力をする」を聴きました。
橋本先生は清水国明さんのお実姉さんでもあります。
「娘の学資のために始めたパートだけど、やりたい、好き、一生懸命、を続けていたら普通のおばさんが、トップになっていた。もちろん苦労もあったけど、人生半ばで命を終えなければならなかった人もいる。『命があれば何でもできる‼』今日は、これが伝えたかった」と。
娘さんが交通事故にあった時「もう仕事はやめようと思った。その娘が、やめないで欲しい。私もお母さんのような人になりたい、と言ってくれた。たくさんの人に支えられている」とも。
飾らず、素朴な話し方も素敵な人でした。

ブックオフ橋本

 

2016/04/13
by okada

「音をさわろうコンサート」

東京藝術大学COI「障害と表現研究」グループと、洗足学園音楽大学音楽感受研究所主催、「音をさわろうコンサート&ワークショップ」に参加してきました!
人口内耳、補聴器 を愛用する子供も大人も一緒に、トムトム という打楽器、澄んだ音色をかもし出すトーンチャイム、フィルムケースにBB弾を入れたシェーカーで、合奏しました。また、人工内耳を装用する普天間健さんによるマリンバ演奏、同じく人口内耳を装用する盲者の塚田哲夫さんのピアノ演奏。「もりのおとぶくろ」という絵本の朗読と音楽演奏。
本当に素晴らしい音楽会でした。補聴器を装用した子供たちがリズムをとりながら演奏する笑顔が、キラキラ✨輝いていて元気をもらいました❣️素晴らしい音楽会をありがとう💕

音をさわろう

 

2016/03/28
by okada
4 / 251234567...20...最後 »
ページトップへ