江東区亀戸にある補聴器専門店 まずはレンタルから試してはいかがですか 各種メーカー取扱

Q&A

お客様からのご質問などをおまとめしております。
お買い求めの際の参考にぜひお読みください。

「これから補聴器を使いたい」というお客様からのご相談

「これから補聴器を使いたい」というお客様からのご相談

  • 通販で販売されている補聴器はとても安くて購入し易いように思う。専門店ではとても高く感じるが、何が違うの・・・?

    値段が高いか安いかよりも、補聴器の効果がなければ意味がないことです。まず、お客様の聴力状態を知ることが第一歩です。
    聴力がおちてきたと言っても、高い音が聞こえにくいのか、低い音が聞こえにくいのか、人それぞれ違うのです。
    また、聞こえ方、感じ方も千差万別であり、お客様との対話の中で、音づくりをしていく必要があります。
    特に、現在の主流であるデジタル補聴器には、様々な調整機能が搭載されています。調整機能が豊富になるとお値段も高くなりますが、その機能が必要か、効果があるかをよく試聴し、検討していただく必要があります。

  • 補聴器を選ぶときに何を最優先すればいい?また優先順位は?

    補聴器を賢く選ぶのは、とても難しく思われるかもしれません。
    まず機能的には

    1. 聴力状態に合っていること(測定と変化に合わせた調整が必要)
    2. その方の日常生活に合わせた調整機能が備わっていること(生活環境にもよる)
    3. 使いこなせること(形・大きさ・装用感・使用方法など)

    が優先です。それは、カタログやご本人、ご家族だけではご判断いただけないでしょう。やはり日常生活での試聴体験をしながら、私ども専門家として時間をかけて選んでいくことをお勧めします。

すでに補聴器をお使いのお客様からのご相談

すでに補聴器をお使いのお客様からのご相談

  • 補聴器を使っているとピーピー鳴る。これはなぜ?

    これは補聴器の構造(しくみ)の中で、マイク(音の入口)とレシーバ(音の出口)が近いために起こるハウリングという現象です。
    いろいろな原因が考えられますが、最も多いケースは「補聴器(または耳栓)と、耳あなとの間にすき間が生じていること」によるものです。他にはボリュームの上げすぎや、補聴器に受話器や帽子など補聴器以外の物が近づいて、音を跳ね返す場合に起こることもあります。
    また、デジタル補聴器ではハウリングを抑制できる効果も高くなってきました。最近では、耳栓と耳あなとの間にあえて、すき間を入れることで、こもり感や挿入感を軽減できる補聴器に人気が出てきたことも、現代補聴器の特徴のひとつです。

  • 補聴器は雑音ばかり入ってうるさいだけだ!

    多くの補聴器装用の方の悩みであり、不満です。
    そもそも、聞きたい音だけ、言葉だけをはっきり聞くことができる補聴器はありません。ひと言で「雑音」といっても、果たしてそれは雑音なのでしょうか?
    例えば、「車の音」。 確かに車が通り過ぎる音は大きく不快なものです。補聴器を必要としない方でも、会話をする場合は大きな声になったり、「えっ?」と聞き返すことが多くなります。でも、車の音がわからないほど小さくては、かえって危険です。生活の中でのチャイムや合図も、必要のない人にとっては雑音かも知れませんが、存在する音=自然音として、補聴器を装用した場合も「自然音」に対する理解と、聞き入れる訓練や慣れることも必要だと考えます。
    それでも「うるさく感じる音」はできるだけ抑えたいですね。もちろん、その方が、「会話」も聞きとりやすくなります。デジタル技術や補聴器の研究も日進月歩で進んでいますから、騒音や雑音を気にならないよう調整できるようになってきました。その機能性が良いほど、価格も高くなる、というようにご判断いただいて差し支えないと思います。

ご家族からのご相談

ご家族からご相談

  • 補聴器をしているのに、よく聞こえない様子・・・ナゼ?

    まず補聴器は、基本的に音を増幅する機器なのです。残念ながら、補聴器をすれば「なんでもよく聞き取れる」というわけにはいきません。
    まず、補聴器の状態を確認して下さい。汚れがたまっていたり、調整の状態も合っていないこともあります。定期的にアフターケアを受けてください。
    また、ご高齢による難聴の場合、様々な音の中から聞きたい音を(選び)聞き分けた音を言葉に組み立てる、などの能力も低下する場合がよくあるそうです。
    周囲の方には、「大きな声よりゆっくりと話す」「テレビなど周囲の音をなるべく下げる」などの協力をお願いします。
    補聴器を装用することは決して楽なことではありません。わずらわしいと思いながらも、ご本人も慣れようと努力しておられることを、どうぞ理解・応援してあげてください。
    ご本人の 使いこなそうという「意欲」、ご家族のサポートする「愛情」がよりよい補聴器生活を生み出します。

  • 補聴器を遠方に送りたいが・・・

    当店では、お受けしておりません。なぜなら、聴力の状態、お耳の形、その方の生活環境などがわからなければ、適した補聴器を選ぶことも、最適な調整もできません。
    ご本人様にご来店いただき、聴力測定、ご試聴、具体的なご相談(対話)をお受けすることが、大切です。

ページトップへ